対象地域について

令和4年度の対象地域が決定しました

   地域内エコシステム事務局(一般社団法人日本森林技術協会と森のエネルギー研究所)では、令和4年5月16日から6月10日まで令和4年度「地域内エコシステム」モデル構築事業のうち事業実施計画の精度向上支援の公募を行いました。
   応募地域の選考は、有識者による検討委員会において厳正な審査を行い、以下の20地域が採択されました。
継続支援4年目地域
No. 地域名 申請主体
1 鹿児島県枕崎市 民間
継続支援3年目地域
No. 地域名 申請主体
1 広島県東広島市 民間
2 長崎県西海市 行政
継続支援2年目地域
No. 地域名 申請主体
1 岩手県一戸町 行政
2 秋田県大館市 行政
3 山形県鶴岡市 行政
4 山形県小国町 行政
5 群馬県みどり市 行政
6 群馬県中之条町 行政
7 長野県小布施町 行政
8 滋賀県湖南市 行政
新規支援地域
No. 地域名 申請主体
1 岩手県西和賀町 行政
2 東京都檜原村 民間
3 山梨県北杜市 民間
4 長野県長野市 行政
5 静岡県小山町 民間
6 京都府南丹市 民間
7 島根県浜田市 行政
8 岡山県鏡野町 行政
9 鹿児島県大和村 民間
鹿児島県枕崎市
  1. 再資源化施設への木質バイオマスボイラー(蒸気)導入の可否を組合と検討
  2. レジャーセンターかいもんへの木質バイオマスボイラー(温水)導入の道筋をたてる
  3. 原木の安定調達
広島県東広島市
  1. 広葉樹施業(搬出を含む)のための技術の情報収集
  2. 小規模チップボイラーに適したチップ品質のチッパーの情報収集・選定
  3. 災害対応も考慮に入れた土場の拡張に関する情報収集等
長崎県西海市
  1. 「木の駅(薪)」の実施
  2. 薪暖房機のモニター試験結果のとりまとめと普及に向けた農家向け勉強会開催
  3. 破砕チップ、バーク、廃菌床の熱利用の検討(情報収集)
岩手県一戸町
  1. 実際に熱利用を行いたい町内の施設情報を把握したうえで、施設担当者との意見交換等を行い、事業計画策定に向けて取り組む。
  2. CHP(熱電併給)、熱利用のみのどちらで事業を進めるのか見極める。
  3. CHP(熱電併給)もしくはチップボイラーの導入施設を決め、適切な設備選定を行う。
  4. CHP(熱電併給)もしくはチップボイラー導入にあたり、必要経費を把握する。
  5. 林野庁補助事業として本年度秋に県に要望する点について、事業計画を策定する。
  6. (仮称)バイオマスセンターを運用する組織づくりに向けて、関係者間の合意形成を図る。
  7. (仮称)バイオマスセンターの担うべき役割や導入する設備等について決定する。特に、CHP(熱電併給)導入を見据え、乾燥プロセスなどについて十分な知見を得る。
  8. (仮称)バイオマスセンターの建設費用や必要経費を把握する。
秋田県大館市
  1. 公共施設への導入促進(木質バイオマスボイラー導入基準のブラッシュアップ)
  2. 市木材利用基本方針の改正(木質バイオマスボイラー導入基準案の反映)
  3. 地域内における準乾燥チップ生産の実現可能性の検討(先進地視察、勉強会等)
山形県鶴岡市
  1. 準乾燥チップ製造のための原木乾燥方法の検証
  2. 木質バイオマスエネルギーの普及啓発
  3. 木質バイオマスエネルギー利用可能性調査
山形県小国町
  1. 含水率低減に向けた実証方法等の検討
  2. 近隣地区の地域内エコシステムの取組調査及び広葉樹の市場調査
  3. 次期総合センターの整備に伴う木質バイオマスボイラーの機種や規格等の決定
群馬県みどり市
  1. 市有施設に導入する木質バイオマスボイラー等の機種選定、乾燥チップの製造方法等について具体的に詰め、ハード整備の補助金申請に向けた計画を策定する。
  2. 木質バイオマス燃料の供給体制について、原木の収集方法や事業主体、仕組み等を検討する。
  3. 障がい者団体による薪づくりを試験的に行い、将来的にどの程度の量を処理できそうか、見通しを立てる。
群馬県中之条町
  1. 新設する公共施設へのチップボイラー導入プランの作成
  2. 商工会との協議による町内事業者(クリーニング工場などを予定)へのバイオマスボイラー導入普及説明会を開催。要望をアンケートで把握。
  3. 農業ハウスへのチップボイラー又はCHP導入プランの作成
長野県小布施町
  1. 次年度に町内の第一号案件が着工できるよう事業計画を策定し、それについて関係者間で合意・決定する。
  2. 上記案件に加え、中長期的な木質バイオマス利用拡大について継続的に検討・協働していくための協議会を設置する。
  3. 上記協議会での検討を経て、中長期的な方針の素案を策定する。
滋賀県湖南市
  1. 川中の担い手の探索・発見
  2. 滋賀中央森林組合との連携強化
  3. ボイラー導入のための燃料種別の選定
  4. ボイラー導入のコストの洗い出し
岩手県西和賀町
  1. 薪ストーブ利用の現状把握
  2. 薪・チップの利用推進に向けた事業の方向性・内容について策定
  3. 事業の実施主体を選定
東京都檜原村
  1. 木質バイオマスボイラーを利用した木材乾燥機の導入
  2. 木質バイオマスの製造体制強化
山梨県北杜市
  1. 未利用材集材方法の検討、熱利用可否含めたポテンシャル把握
  2. 燃料(チップ)製造体制検討、目標とする燃料品質・生産量(集材量)の明確化
  3. 有望施設におけるバイオマス機器導入可能性調査、目標とする設備規模の明確化
長野県長野市
  1. 木質ペレット・バイオブリケットの製造検討及び性状テスト
  2. サプライチェーンの構築
  3. 川下の対象増加
静岡県小山町
  1. 山林所有者への合意形成スキーム策定(もしくは地域ビジョンの策定)
  2. ペレット工場増設計画の遂行
  3. 宿泊施設給湯におけるカーボンゼロモデル(ペレット利用)計画策定
京都府南丹市
  1. 川上から川下までの連携体制づくり
  2. 地域内ステークホルダーと地域内エコシステム構築目的の合意
  3. 調査方法の確立と実行
島根県浜田市
  1. 地域協議会における事業計画の設定に向けた各種情報の整理
  2. 地域内の木質バイオマスボイラー導入の可能性の把握
  3. 既存チップボイラーの運用状況の改善に係る検討
  4. 薪供給体制の整備
岡山県鏡野町
  1. 重油を使用し、加温を行っている町内の温泉施設への木質バイオマスエネルギーの導入を検討する。
  2. 導入設備については現存設備との併用も選択肢とし、導入費用と維持管理費を精査し、施設規模に応じた検討を行うとともに、木質バイオマスの供給体制の確保、構築も同時に行う。
鹿児島県大和村
  1. 木質燃料の継続出荷先の調査
  2. 奄美大島内における地域内エコシステムのPR
  3. ボイラー導入の低コスト化の検討