地域集合研修・オンラインルーム

  • 本事業では、木質バイオマス事業の理解促進や採択地域間の交流を図るため、採択地域の関係者を集めた研修会を実施します。
  • 採択された地域間での情報交換や、専門家による指導・助言の場を設けることで、地域の課題解決を目指します。
  • 新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、Web会議システムを活用して開催しております。

7月8日に第1回地域集合研修(事業説明会)をWebにて開催しました。
今年度の採択地域からは39名、林野庁3名、専門家1名、事務局15名の計58名が参加しました。

【主な内容】

  • 事務局および採択地域担当者の紹介
  • 「地域内エコシステム」モデル構築事業(事業実施計画の精度向上支援)について
  • 専門家からの情報提供等(徳島地域エネルギー 羽里 信和 氏)
    「木質バイオマスボイラの基礎知識」
  • 林野庁からの情報提供等
    「林野庁の施設整備補助における地域内エコシステム支援」
資料1「地域内エコシステムモデル構築事業について」の表紙
資料2「木質バイオマスボイラの基礎知識」の表紙
資料3「林野庁の施設整備補助における地域内エコシステム支援」の表紙

9月28日に第1回オンラインルーム(座談会)を開催しました。オンラインルームは、各地域の関係者間で気軽に相談・意見交換を行うことを目的とし、今年度より実施しています。
今年度の採択地域からは11地域、専門家1名、事務局12名が参加しました。

【主な内容】

  • 参加地域及び専門家・事務局の紹介
  • 事前アンケートの質問に対する回答・質疑応答

【参加専門家】

  • 徳島地域エネルギー 羽里 信和 氏
資料「第1回 オンラインルーム(座談会)」の表紙
オンラインルーム(座談会)の実施風景
オンラインルーム(座談会)のリモート画面

1月11日、12日に第2回地域集合研修・オンラインルームをWebにて開催しました。地域集合研修では、テーマを3つ設け、専門家からご講演いただき、オンラインルームでは講演に関する質疑応答・各地域の関係者での相談・意見交換を行いました。

【開催の目的】

  • 地域間のネットワークの構築
  • 地域間の情報共有・意見交換の場
  • 専門家による情報提供や指導・助言

【テーマ】

  1. 計画的な木質バイオマスボイラー導入に向けて
  2. 薪を活用した地域づくり
  3. 「地域内エコシステム」運用地域における取り組み事例
地域集合研修の様子

▲ 地域集合研修の様子

オンラインルームの様子

▲ オンラインルームの様子

【ご参加いただいた講師の方々】

テーマ 講演タイトル・講師
1
「計画的な木質バイオマスボイラー導入に向けて」
伊藤 幸男 准教授 (岩手大学 森林科学科 准教授)
2
「森林のエネルギー利用と地域脱炭素」
三浦 秀一 教授 (東北芸術工科大学 建築・環境デザイン学科 教授)
「浅間山麓の資源を活用した地域振興のかたち」
福嶋 淳平 氏 (有限会社きたもっく 地域資源活用事業部 部長)
3
「花巻市および周辺地域内エコシステム取組事例紹介」
遠藤 元治 教授 (富士大学 経済学科 教授)
「北海道津別町における「地域エコ」の取組」
兼平 昌明 氏 (津別町 産業振興課 再エネ推進係 係長)

【参加専門家】

  • 株式会社バイオマスアグリゲーション 久木 裕 氏