地域内エコシステムとは

地域経済循環システムの構築と森林関係者への利益還元を目指します

地域内エコシステムとは、集落や市町村レベルで小規模な木質バイオマスエネルギーの熱利用または熱電併給によって、森林資源を地域内で持続的に循環させる仕組みづくりを目指し、山村地域等の活性化を実現していくことです。

伐採木を積んだトラックの写真
伐採木を切り刻む風景写真
ボイラーの燃焼風景
温泉施設の写真
地域内エコシステムのイメージ図
  • 集落が主たる対象(市町村レベル)
  • 地域の関係者から成る協議会が主体
  • 地域への還元利益を最大限に確保
  • 効率の高いエネルギー利用(熱利用や熱電併給)
  • FIT(固定価格買取制度)事業は想定しない

事業の目的

採択地域での「地域内エコシステム」の事業化に向けた取り組みを支援し、事業モデルを構築することで全国的な普及を目指します。

事業化に向けては、地域関係者との合意形成のための多様な方策を検討するとともに、これまでの検討課題(F/S調査結果等)を活用しながら、事業計画の策定に向けて協議と検討を柔軟に展開していきます。

事業の基本方針

本事業では、下図のC・D・Eの段階にある、これまでにF/S調査結果を実施した地域を対象としています。事業化に向け、事業デザインを柔軟に見直しながら取り組みます

図 「地域内エコシステム」の導入に向けたロードマップ(例)

図 「地域内エコシステム」の導入に向けたロードマップ(例)